私たちについて

ご挨拶/Greeting

私たち、日本風景街道「別府湾岸・国東半島海べの道」は大分県の大分市、別府市、日出町、杵築市、国東市、豊後髙田市の5市1町を跨ぐ【全長約150㎞】におよぶ海岸線の街道です。
この街道には、”人の心を靡かせる風光明媚な美しい風景”、 ”地域の文化を守る由緒あるお祭り”、”華やかに栄えた歴史深い場所”、”新たな観光の取り組みとして地域の住民が訪れる方々をおもてなしする温かい気持ち”などが溢れています。

是非このルートへお越しいただき、海べに住む笑顔の幸せな人々との会話と素晴らしき風景をお楽しみください。

私たちについて/About us

「別府海岸・国東半島海べの道」は2013年3月に国土交通省より九州で12番目に認定された日本風景街道です。大分県内では、「日豊海岸シーニック・バイウェイ」 「九州横断の道 やまなみハイウェイ」に続く3つ目のルートです。

私たちの目的/Our purpose

郷土愛を育み、ふるさとの魅力・美しさを発見、創出するとともに、そこに暮らすみんなの力で、景観、自然、歴史、文化等を活かした原風景を創る運動です。それによって、地域活性化、観光振興をはかり、みんなの心に希望と勇気と誇りを与えることを目的としています。

  • 海岸線の魅力、美しさの再発見、創出、地域の誇りの醸成
  • 地域主体の協働のもと、原風景の質向上、活動により地域活性化、観光振興をめざす
  • 訪れた人を、ねんごろにもてなします
    Remember to welcome strangers in your home.
    (別府観光の父 油屋熊八のモットー)
  • 一過性で終わらない協議運営

 

私たちの約束/Our commitment

活動エリアと地域資源/Activity area and Regional resource

  • 国東半島沿岸(国道213号)から別府湾岸沿線(国道10号、臨海産業道路 ・主要地方道大在大分港線、197号、217号)を中心とする地域。
  • 六郷満山と呼ばれる神仏集合の独特な仏教文化が伝わる各種歴史遺産だけではなく、独特な地形なため、朝日と夕陽を楽しむことができる国東半島。現代アートも盛んになっている。
  • 別府八湯ではいつもどこかでまち歩きが行われている。別府湾岸に目を向ければ湯けむり風景、おさるで有名な高崎山の麓を通る別大国道の風光明媚な風景が広がり、マイツリーと呼ばれる活動が行われている。
  • 関埼灯台は、1901年に点灯した大分県最古の灯台。ここから眺める豊予海峡は、「せとうち風景30選」にも選ばれており、ドライブコースとしても賑わっている。

 

主要な道路/Major road

  • 国道10号(高崎山付近)
  • 国道213号
  • 国道10号
  • 大分県道22号大在大分港線
  • 国道197号
  • 国道217号

 

地域の活動体制/Activity Promotion System

別府湾岸・国東半島海べの道

  • 会長:菊口 邦弘
    (大分ウォーターフロント研究会会長)
    株式会社 大分銀行 常務取締役)
  • 事務局:名称 NPO法人大分研究所
    住所/大分市府内町3-9-15
    事務局長/加藤 千明

風景街道パートナーシップを構成する組織
【民間】活動団体 計50団体
【行政】大分県大分市別府市日出町杵築市国東市豊後高田市国土交通省 大分河川国道事務所